三浦半島・横須賀、横浜における異臭騒ぎについての仮説の検討( 改訂 ):2020年10月26日現在

※) 新しい情報に基づいて改訂していきます。(10月26日 現在) 以下の情報には10月18日より変更はないですが、当局から発表されたペンタンやイソペンタンは無臭では無いのですが、通常の10倍程度の濃度では、だれも匂いに気がつかないと臭気判定士(国家資格)の方の発言に関連して今週のNLに掲載






下図の小田原沖(相模湾)の地下天気図®のRTLアルゴリズム時間変化解析では、7月1日より静穏化の異常が発現中。下右図動画は 2019年8月1日からの2020年10月9日までの関東地方の地下天気図®の毎月の変化。






 ◆ 参 考 文  献  


   << 地下からの ラドンガス・その他の 出現異常の 例 >>

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jhps1966/43/3/43_3_253/_article/-char/ja/ 論文はこちらから













左図は、岩石の割れ目や地下水中に存在する高濃度のラドンが断層などの巨視的割れ目に沿って、上昇し地表面からの散逸する概念図









通常、病院などで使用する放射能物質の病院外の漏れを検出するために放射能物質をモニターしています。


その際, ラドンガスを測定することも可能で、

 ① ラドンガスは放射能を有するためごく微量

でも検出が可能である

 ② 不活性ガスなので濃度変化は物理的な要因の

みによって生じるで 

地震予知研究で観察されています。











出典 : 石川ほか、地震とラドン濃度異常、

    保健 物理, 43(2), 103~111 (2008).





643回の閲覧

© 2020 DuMA Inc.