地 震 の 基 礎

◆ 地震とは?  なぜ地震が起るのか?

  • 地震は地下における急激な断層運動です。地球の表面はいくつかのプレートに分かれており、

それらのプレートは盛んに動いています。

その相対運動の結果として発生する急激な断層運動が地震なのです。

 地震は大きく2グループに分類されます。

その1つはプレート境界でおこる"プレート間地震" (震源の深さ 70km 程度まで) であり、

もう1つはプレート内部で起こる"プレート内地震"です。

プレート内地震はさらに内陸型地震 (深さ30km 程度まで) と、深さ 670km にもおよぶ深発地震に分類されます。

  • 日本列島周辺には4つのプレートがあます。

 ① 太平洋・プレート  ② フィリピン海・プレート

   ③ 北米・プレート   ④ ユーラシア・プレート

太平洋・プレート①とフィリピン海・プレート②が日本列島の下に沈み込んでいます。

これら4つのプレートのせめぎあいで起こる地震は、世界の約地震の 10% にもなっています。

  • 地震は日本を覆い隠すくらいどこでも起こっています。

ほとんどの地震は太平洋沖合のプレート境界で発生するプレート間地震で、プレートの沈み込みに伴って震源が深くなっています。

深100 km 以深の深発地震は,沈み込む海洋プレート内で起きているものでその数は少ない。

東北日本から日本海にかけてはプレートの沈み込み角度が浅いためロシア直下にまで震央が分布しますが、小笠原諸島付近では太平洋プレートが急激に沈み込んでいるため地震も急激に深くなっています。

(日大・吉井先生の図より)

日本周辺でのマグニチュード6以上の地震分布図

 丸印が震源を表し、赤・橙・黄・黄緑・緑・青・

紫の順に深度が深い。  (1926~1998) (JMA)

◆ M7クラス

◆ M5クラス

◆ M3クラス

過去13年間(2000年1月1日〜2012年12月31日)の Mクラスごとの地震の発生場所と震源の深さ

LAIカップリング

Lithosphere-Atmosphere-Ionosphere Coupling: 地殻—大気圏—電離圏結合)

 LAIカップリングは地震あるいは地震前兆が地殻(地面の中、岩石圏、地圏)だけの現象ではなく、広く大気圏や電離圏まで影響を与えている可能性がある事から提唱された。その後、地震時の現象だけでなく、たとえば津波による海面の変動により、大気が押し上げられ、さらにそれが電離層にまで伝わる現象や、隕石が地球に落下する時に、電離層に大きな穴(電子を消滅させる)が開き、さらに大気圏で衝撃波を生じ、それが地面に影響を与え地震計を揺らす現象も広くLAIカップリングと呼ばれる事となった。

 地球の半径は約6300kmであるが、殆どの地震は深さ100km程度までで発生している。いわば地震は極めて地球の表面近くの現象なのである。さらに電離層も高度80km位から始まり、その間に大気が存在する。いずれも極めて地球の表面近くに位置しており、電離層は地表を写す鏡とも言えるのである。

 

 

宏観異常現象

宏観異常現象とは, 人々が視覚や聴覚といった五感によって自然界の異常を観察できる現象のことである. 例えば, 犬が意味もなく悲しく吠えたり, 冬眠中の蛇が地中から出てくるなどする動物の異常, 季節はずれの開花や結実などの植物の異常, 井戸や温泉, 河川の水位や水質の異常, さらに, 発光現象, 異常気象, 鳴動など様々ある. そして, これらの異常現象が地震に先立ち, もしくは 同時に観察されたとして世界各地からの報告が残されている。
 「宏観異常現象」という言葉は中国語から由来した経緯(力武, 1998, 2001)からも推論されるように, 中国では宏観異常現象の研究は盛んな様である(中国安徽省地震局, 1979;中国科学院生物物理研究所地震グループ, 1979;尾池, 1978). 特に世界で初めて地震予知に成功したと伝えられた1975年の海城地震(M=7.3)の先行現象には動物異常行動をはじめとする様々な宏観異常現象が考慮されたと報告された(蒋, 1979)。

◆ 地震の『震度』はどうやって決める?

◆ 地震の『震度』はどうやって決める?

地震の震度はどのように決められてきたのでしょうか。1995年の阪神大震災までは、震度は気象庁の職員が体感で決めていたのです。そのため、全国の気象台や測候所など有人の施設のみの約200地点でしか震度というものは人間の体感でしか決められませんでした。

 このような状況の下、「やはり震度計測を機械化しよう」という事になり、その後機械式震度計(計測震度計)というものが開発されました。震度というのは加速度等の一つのパラメータで決まるものではなく、揺れの継続時間や周期などを勘案して人間が判断していたという事があり、それを数値化する作業がなかなか出来なかったのです。

 現在では計測震度計は全国で4000箇所とも言われており、昔より非常に多くの震度情報が提供される事になりました。そのため、たまたま震源地の近くに震度計が存在すると、小さな地震でも大きな震度が観測されるという事になってきました。昔より大きな震度がニュースで流れる事が多くなったのは、このような計測システムの違いが大きく影響しているのです。

◆ 世界の津波危険度マップ

世界の津波の危険度を アップデートいたしました。(2018年8月)DuMA独自の見解で 津波のリスクを Hi-Risk (赤いエリア)、Mid-Risk(オレンジのエリア)の 2つの危険度を示しています。

 

地 下 気 象 研 究 所

Down Under Meteorological Agency

© 2015 DuMA Inc.