お問い合わせ

お問い合わせは、下記お問い合わせフォームよりお願いいたします。

よくあるお問い合わせ

以下によくあるお問い合わせの内容をまとめました。ご参照ください。

Q:なぜ有料なのですか?

 

A:1) 地震や自然災害の時事解説 及び その前兆情報に係る情報提供サービス 

     2) 現在の地下の状態の適切な解説情報の提供 

     3) 地震防災・減災の啓発活動の推進

  DuMAニュース・レターや、Webを通じ上記の情報提供サービス業務を行います。

  DuMAは地震予知研究推進のため、地震前兆・予兆現象をサイエンスする研究の支援をするため情報提供サービスを有料といたします。

 購読 及び 購読の解除 は まぐまぐから


Q:なぜ地震情報の提供を?

 

A:前もって地下天気図®などで現在の地下の状態の適切な解説情報を提供することで、少しでも人の生命を救うことが出来ればとの願いからです。


Q:地震予測情報でパニックは起きませんか?

 

A:毎週、数日先の予測を知らされていれば様々な準備ができると思います。何も情報がないまま、巨大地震が発生した場合大変なパニックになりますが

前もって分かっていれば緊張感を持って備えていられます。地下天気図®は 地震静穏活動の解析です。この手法だけでは地震直前予測は 不十分です。

 

Q:なぜ震度ではないのですか?

 

A:日本は4つのプレート上にあり、多くの活断層、様々な地層によって出来ています。そのため震源の深さ、断層の位置、地盤の地質等により、わずかな距離でも震度に違いが出ます。

 

Q:精度についてはどうですか?

 

A:地下天気図®は 地震静穏活動の解析です。この手法だけでは地震直前予測は 不十分です。

 

Q:どうような地震で大きな被害がでるのですか?

 

A:マグニチュード6.5以上、地面からの深さ30km以内、海岸線より50km以内の内陸等の条件が揃った場合、津波でなく地震そのもので大きな被害が出ると考えています。

 

Q:小さな地震は予測できるのですか?

 

A:DuMAのサイエンスは対象はマグニチュード6.5以上の地震です。実際この規模以下の地震が起きても大きな被害は出ないと判断していることと、予兆の反応としても小さいため判別が難しいという理由もあります。

地 下 気 象 研 究 所

Down Under Meteorological Agency

© 2015 DuMA Inc.