地震関連の用語


地下天気図®︎とは?

皆が期待している【地震予知】とは?

難解【地震の確率論】とは?

地下天気図®︎の優位性〜海域の地震

【M8アルゴリズム】とは?



● 地下天気図®が扱う時間スケールについて(4/17/2017 注釈)


 地下天気図®解析の一つの目的は、国が「30年で何パーセント」という、極めて長期的な予測しか示していない状況を少しでも改善する事で、「今後数ヶ月から1年」といった時間スケールでの予測とお考えください。  気象の天気図にも地上天気図®とか高層天気図のように、同じ日時で複数の天気図が存在します。見ている現象の時間・空間スケールが異なるもので、どちらも現状を表しているものです。地下天気図®も同様のものとお考え下さいませ。

●津波地震

 津波地震とは、地震の規模(マグニチュード)の割に、揺れ(=震度)が小さ 

く、結果として揺れの被害はほとんどなく、大きな津波を発生する地震です。津 

波地震は海底で断層が比較的ゆっくりと、大きく動いた時に発生します。津波地 

震の概念の確立に役立ったのは、1896年の明治三陸地震です。この地震では岩手 県での最大震度は2ないし3でしたが、岩手県気仙郡で38.2mという当時と して最大の津波遡上高を記録しました。1677年の延宝房総沖地震も津波地震と考えられています。

 また今回(4/17/2017)の地下天気図®では北信越地方の異常や中国・四国地方の異常、岩手県を中心とした異常が見られませんが、それはそれぞれの地域で最適化して解析を行っているためで、北信越等の異常が消えたという事ではありません。

0回の閲覧

© 2020 DuMA Inc.